Back to Top

代表理事 木村俊昭 プロフィール

略歴

1960年北海道生まれ。

1984年小樽市入庁。財政部、議会事務局、企画部、総務部を経て経済部へ。産業振興課長、企画政策室主幹(プロジェクト担当)、産業港湾部副参事(次長職)。

2006年から内閣官房・内閣府企画官(地域活性化担当)として、主に地域再生策の策定、地域再生制度の事前・事後評価、地域と大学の連携、政府広報活動などを担当。地方再生戦略は九州圏・沖縄県担当。内閣府経済社会総合研究所特別研究員として地域活性化に関する調査研究を担当。

2009年から農林水産省企画官として、主に農林水産業を中心とした地域活性化、地域の担い手養成、農商工連携・6次産業化などを担当。

現在は、東京農業大学教授・博士(経営学)、コミュニティ総合プロデューサー、一般社団法人日本事業構想研究所代表理事、日本地域創生学会会長、地域活性学会常任理事、地域創生リーダー・プロデューサー人財塾長、スーパー公務員塾長などとして、大学・大学院講義のほか、実学・現場重視の視点、全体最適思考による「実践人財塾」の開塾、「五感六育(知育・食育・木育・遊育・健育・職育)」の推進、「仕事環境の改善(時短、イベント・会議・事業見直し、0歩環境等)」、地場振興の総合計画・総合戦略等への改定・改正や国内外の年間100箇所超で地域創生講演・現地アドバイスを実施中。人事院主催国家公務員(総合職)研修講師、市町村アカデミー・自治大学校研修講師などを担当。農林水産省食のモデル地域構築計画選定委員会副委員長、公益社団法人日本青年会議所褒賞委員兼地域プロデューサー育成塾長などを歴任。NHK番組プロフェッショナル「仕事の流儀 公務員 木村俊昭の仕事」、新報道2001、BSフジ・プライムニュースほか出演。単著「『できない』を『できる!』に変える」(実務教育出版)、単著「地域創生 成功の方程式-できる化・見える化・しくみ化-」(ぎょうせい)ほか多数。
☆単著「地域創生 実践人財論-真心・恕・志ある汗かき人たち-」(ぎょうせい)をテキストに実践人財塾や「五感六育」を展開中!

profile

研究分野

  • 地域ビジネス論
  • 地域企業論
  • 戦略的システムデザイン・マネジメント論
  • 地域活性化戦略論
  • 地域産業経営論

著書

  • 『地域づくり新戦略 -自治体格差時代を生き抜く-』(第7章を執筆・一藝社)
  • 『地域ブランドと産業振興 -自慢の銘柄づくりで飛躍した9つの市町村-』(第1章を執筆・新評論)
  • 『「できない」を「できる!」に変える』(実務教育出版)
  • 『自分たちの力でできる「まちおこし」 -18の地域で起きた小さな奇跡-』(実務教育出版)
  • 『知られざる日本の地域力』(第4章を執筆・今井出版)
  • 『地域創生 成功の方程式 -できる化・見える化・しくみ化- 』(ぎょうせい)
  • 『地域創生 実践人財論 -真心・恕・志ある汗かき人たち-』(ぎょうせい)

その他